銀行系カードローンの審査

債務整理後のキャッシングが気になる方へおすすめの情報があります。
しかし、債務整理を利用する前提でカードローンを使用するのではなく、返済計画をたてて利用することが大切です。

銀行系カードローンは、銀行が独自にサービスを提供しているのではなくて、たいていは消費者金融や信販会社の力を借りてサービスを提供しています。
カードローンと言えば、もともとは消費者金融が開始したサービスです。
そして、銀行も同じようなサービスを提供し始めたのですが、そのときには銀行によって独自にサービスを提供したところと、消費者金融のノウハウをそのまま利用して提供したところに別れました。

現在は、債務保証を利用するという形で、消費者金融や信販会社が間接的にサービスを提供していると言えるでしょう。
債務保証とは、もしも返済ができなかったときに、保証会社が代わりに返済をするという業務を指します。
銀行にとっては、返済されなくなるリスクを抑えるためのものなのです。
債務保証を受けなければ銀行系カードローンを利用することはできません。

ですから、銀行系カードローンを利用しようと思って申し込みをすると、まず銀行独自の審査を受けなければなりません。
銀行が定める基準に一致していないと口座開設をすることはできないのです。
銀行系カードローンでは、債務保証を受けられることが融資の条件となっていますから、消費者金融や信販会社の債務保証を受けられるかどうかの審査を受けなければなりません。
ですから、2重で審査を受けなければならないという特徴があります。
この点が消費者金融や信販会社が提供しているカードローンと異なっている点だと言えるでしょう。
2回の審査を受けなければならないという点で、少し厳しくなっています。
銀行からは借りるのが難しいと言われる理由はここにあります。

しかしながら、銀行が設定している基準は申し込みの基準で、これは事前に提示されている条件をクリアすれば良いだけです。
それさえクリアしていれば、実質的には消費者金融や信販会社が定めている基準をクリアすれば良いだけですから、申し込みができれば、基準はあまり変わらないと考えられます。